• 2018.04.27
  • スタッフブログ

僕のカミングアウト その④親父 ~北川わかと~

こんにちは!!

RWP北川です☆
いよいよゴールデンウィークが始まりますね!!
と、言っても1日2日はお仕事ですが、、
この連休を使って部屋の大掃除と登山に行こうと企んでいます☆
山はいいですよ・・(^O^)

さて、今回も来ました!
「カミングアウトその④親父編」
今回は父へのカミングアウトについてお伝えしようと思います。

僕が父にカミングアウトをしようと思いだしたのは、性同一性障害の診断書が出てホルモン注射を打ち始めた後です。
ホルモン注射を打ち出すと、僕の場合はだんだん声が出にくくなりました。
風邪をひいて声がかすれる感じですね。
体は元気なのに声だけがかすれてくるので周りの人からはかなり心配されました。
大好きなカラオケに行っても全然声が出ないので、このまま僕の人生からカラオケはなくなるんだろうなと思い悲しくなりました(笑)

僕は性別適合手術を行う方向で進んでおり、当時のガイドラインでは最低一年間のホルモン治療が必要と記載があった為、一日も早くホルモン治療を行いたい気持ちでいっぱいでした。
父にはいつか必ず伝えなければと思っていましたが、やはりなかなか言えませんでした。
ただ、ホルモン注射の影響で声の変化が大きく、隠すには限界レベルまで来ていました。
当時は母へのカミングアウトと同じで一人暮らしをしていたので、実家に帰るものの言えない日々を繰り返していました。

何度目かの挑戦の時に遂に伝える事が出来ました。
「男になろうと思うねん・・・」
母の時と同じですね。
父「何を言ってるねん。意味が分からん。」
と言う返答でした。
その後一切聞く耳を持たずでした。
その後も数日実家に通い続け話をしようとしましたが、全く相手にされずでした。
その状況を見かねた母がいい加減にちゃんと話をしなさいと間を取り持ってくれました。
僕は2014年5月にタイで性別適合手術をする予約を入れていた為、カミングアウトをする残りの時間がありませんでした。
確か2~3か月前だった気がします。
父の見解としては
・意味が分からない
・本当に手術までする必要があるのか
・手術が心配
・タイに一人で行くのは危険すぎる
などなど・・・
心配して当然ですよね。
いくらボーイッシュでも、父からしたら娘に変わりないんですよね。
しかも三人兄弟の末っ子・・。
姉と兄から嫌味を言われる位、父からは甘やかされていたので本当にショックだったと思います。
最終的には
・よく考えること
・タイには母親が一緒に行くこと
が最低条件で渋々理解?してもらえました。

タイに行く当日まで父は「本間に行くんか?やめるならまだ間に合うぞ!」
と何度も推敲されました。

正直、どんだけ心配するねんと心の中で笑ってしまいました(笑)
家を出る前に玄関まで見送ってくれて本当に嬉しかったです。

 

今考えると、家族へのカミングアウト・・・ほんとに長かったーーーと思います。
でも、僕は本当に伝えて良かったと思っています☆

※ちなみにその後の父との関係は、若干気まずさはありましたが今は至って良好な関係です。
余談ですが、僕は中型バイク、父親は大型バイクに乗っているのでたまにツーリングに行ったりなんかもします☆

あ、一人忘れてました!!
僕には2歳上の兄がいるんですが、兄には手術が終わってから伝えました。
兄とは中学生ぐらいからあまり仲が良くなく、お互い興味ない関係だったのでわざわざ伝えなくてもいいかなと思い、
事後報告になりました。
確か手術をした年のお正月に
僕「なぁ男になってん」
兄「あ~そうなん。」
以上です。(笑)
手術の前に母からは伝えてた様で、それなりに心配はしていたみたいです。
初めて兄をなかなかエエ奴やん☆と思いました。

こんな感じで「カミングアウト」家族シリーズをお届けさせて頂きましたが、
カミングアウトをする事が正解ではありません!
ただ、これからカミングアウトを考えて悩まれている方が僕のブログを読んで少しでも何かプラスに変われば幸いです。

来週はゴールデンウィークの為、ブログの更新が再来週になる可能性がございます(@_@)
それでは皆さん、良い連休を☆

※記事は体験談になります。
カミングアウトを推奨するものではございません。

人材登録はこちら

Entry

気軽にご相談・ご応募ください!