• 2018.04.12
  • スタッフブログ

僕のカミングアウト その③母 ~北川わかと~

こんにちは!!
4月も中旬に差し掛かり、もうすぐ訪れるGWをどう過ごすかひしひしと考えています(^^♪
その前に、来週末は名古屋に施設見学と、お問い合わせを頂いた方の面談で伺います!
遠方になるとなかなかお会いしに行くタイミングを作るのが難しいですが、どこかのタイミングで必ずお伺いさせて頂きます☆
遠方の方もどんどんお問い合わせください(^^)/

今回のブログは「僕のカミングアウトその③母」編です。

母にカミングアウトしたのは姉に伝えてから半年後ぐらいだった気がします。
ちなみに僕は当時一人暮らしをしていたので、なかなか家族と会う時間もなく月に数回実家に帰る感じでした。
その度その度、母にカミングアウトしようと思ったのですが全然伝える事が出来ず
「あーー今日も言えなかった・・・(__)」という日を数ヶ月繰り返していました。
「男になりたい!」というたった一言だけなのに本当に全然言えなくて、自分は弱い人間だと毎日思い続けていました。
そんな中で転機が来ました!!
小学校の仲のいい友達と飲みに行った時に、友人に母親にカミングアウトを出来ないと相談しました。
その時に友達のK君から僕の人生を変える一言をもらいました。
その言葉が
「やるかやらんか迷うんやったら俺はやる方を選ぶ」の一言でした。
その一言が僕の背中を押してくれました。
ちなみにその一言は今でも僕の中にあり、いろんな場面で迷った時に自分に言い聞かせて「やる方」を選択しています。
よく言いますよね。
やらずに後悔するより、やって後悔した方がかっこいいって。(状況によりますが・・・)

その数日後、僕は実家に帰り母にカミングアウトをしました。
いくら自信がついてもやはり緊張はするので記憶が曖昧ですが、多分
「あのさ、手術して男になろうと思うねん・・・」
だったと思います。
他にもいろいろと細かい事は伝えたはずですが、先日もお伝えしたようにFTMの友達が既に治療を進めていたのもあり、
友達の話もしました。
母からの返事は
「そんな気はしてたよ。和香ちゃんがしたい様にしなさい。(和香ちゃんは女だった時の名前です。)でも、お父さんには自分の口から言いなさい。」
という返事でした。
その時の母の心情は分かりませんが、母が気づいていた事、理解してくれた事、応援してくれた事、
何より父には自分から伝える様にと試練を与えてくれた事が本当に嬉しかったです。
多分その後、一人暮らしの家に帰って一人で泣きました(笑)
友人、姉、母、、、一人ずつ味方が増えてきました☆

母へのカミングアウトはこの様な感じですが、日々たくさんのLGBTの方の相談をお伺いさせて頂く中で多くの方がカミングアウトに悩まれています。
僕のブログを読んで頂いてる方の中で、もしかすると嫌な思いをされている方もいらっしゃるかもしれません。

カミングアウトされた全員が理解してもらえてる訳ではないからです。

中には友人、家族から否定的な事を言われた、縁を切られた等の結果になった方もたくさんいらっしゃいます。
僕も姉からは否定されていました。
僕はカミングアウトをする事がいいとか悪いとかは個人の自由だと思います。
自分がどうしたいのか。
今は「LGBT」という言葉が広がってきたのでご存知の方も多いですが、つい最近の事ですよね。
知らなくて、理解出来なくて当然ではありませんか?
それなら本当に知ってほしい人、理解してほしい人には教えてあげないと伝わらないですよね。
1回2回で全て理解できる訳ないと思います。

先日、僕の尊敬できる人が
「男とか女とか関係なく、俺FTMだよ!とか、私MTFだよ!とか、私の旦那FTMなんだ~うちの旦那もFTMだよ~もうすぐ子供産まれるんだ~☆とか、そんな会話が当たり前に出来る社会になるといいよね!」
と言ってました。
本当にそう思います。
誰を好きになろうが、誰と結婚しようが、子供を作ろうが・・・その人の自由だと強く思います。
ちなみに僕もいつかは旦那さんになり、子供も欲しいです!
僕の目標は家庭を作る事です☆
目標設定は個人の自由ですよね。

そういえば、もうすぐ日本で一番大きな「東京レインボープライド」が行われますね!(^^)!
僕はおそらく行けませんが、、、
行ける方はぜひ参加してください!
いろんな考え方が変わりますよ。

RWP史上最長のブログになってしまいましたね(;・∀・)
※全て僕個人の考えです。失礼な内容等あれば申し訳ございません。

また近々「カミングアウトその④父」編をアップします!
今週もお付き合いありがとうございました(^O^)

人材登録はこちら

Entry

気軽にご相談・ご応募ください!