お知らせ

  • TOP   >   
  • お知らせ   >   
  • LGBT就労支援『介護職』の面接の回数って?採用までの期間は?

LGBT就労支援『介護職』の面接の回数って?採用までの期間は?

LGBT就労支援「レインボーワーカープロジェクト」キャリアアドバイザーです。

LGBT当事者の方からのご質問の一つに、『面接の回数って何回あるの?』というご質問をよくいただきます。

介護職は面接回数が少ない傾向にあり、
弊社を介して介護職に進まれる方の面接の平均回数は約1.5回です。

約7割近くの施設さんが1次面接で合否が決まり、残りの約3割は2次面接まであることが多いです。

 

傾向として、1次面接は施設で行われることが多く、面接官の多くは施設長がされています。
資格や技術は、書類選考で経歴を見ればある程度スキルを判断できるためか、職場との相性や仕事に対する意気込み・熱意を見られる傾向にありますね。

2次面接が行われる場合は、「本社で」といったことろが多く、人事部の方、責任者の方が面接をされることが多いですね。
「人物像のミスマッチ」を防ぐことを目的に、1次面接との相違がないかなど、見られる傾向にあります。

中には面接と併せて適正テストを行う企業様もありますが、介護職の採用までの道のりは「面接のみ」、が圧倒的です。

ほとんどの方が緊張されるケースが多いので、「レインボーワーカープロジェクト」では、可能な限りキャリアアドバイザーが面接時の同席をおこない、伝えきれない求職者の良い点などをうま~くフォローさせていただきます。

もちろん、事前に面接でどのような質問をされやすいか企業対策をアドバイスさせていただきますので、万全の態勢で一緒に面接に頑張って挑みましょう(^^)

 

過去、お問い合わせいただいてから『最短2週間後』に、働き始めた方もいらっしゃいます。

もちろん受け入れ先の企業様の状況によって採用までの期間は様々ですが、
『すぐに働けるところ』
『3か月後から働けるところ』
『手術を終えてからなので、半年後』
など、ご希望に合わせたスピード感で、最適なLGBT理解ある職場をご紹介させていただきます。

 

一般的なエージェントと同様、無料で入社までをサポートしますので、ご安心いただきご相談ください。

まずは、お気軽にご連絡くださいね。

LINE@や以下のメール、電話から受付中!

メール:https://emimenrainbow.jp/contact/

電話でのお申込み : 06-6609-1165

COMMUNITY&SEMIOR LGBTお仕事
カフェ&セミナー

LGBTお仕事カフェ

「仕事ってどう?」「カミングアウトってしてる?」「自分らしく働ける場所って?」LGBT当事者の方を対象にお仕事をする上での不安や悩み、自分らしく働ける職場への就職・転職について話せる相談会を実施しています。

LGBTカフェ・セミナー情報

NEWS

※掲載している感想やご意見等に関しましては、個々人のものとなり、すべての方にあてはまるものではありません。
※当サイトに掲載している文章、画像等の無断転載、無断引用を禁じています。
※当サイトに掲載している写真は一部イメージです。

たいせつにしますプライバシー

  • SDGsの取り組み

あなたらしく働ける場所を見つけよう。

サービスはすべて ¥0 無料