LGBTアライ活動

  • TOP   >   
  • LGBTアライ活動   >   
  • 行徳総合病院でLGBTに関する講演をさせて頂きました

行徳総合病院でLGBTに関する講演をさせて頂きました

先日、千葉県にある行徳総合病院様にて、
「GID治療の実体験と、体験者だからこそわかる治療に対しての希望や提案」をテーマに講演をさせて頂きました。

行徳総合病院様ではこれからGID治療を進める上で、全従業員がGID患者様に対しての
必要最低限の知識や当事者の気持ちを理解するべきであろうという想いから今回のご相談を頂きました。

当日は医師・看護師・検査技師・薬剤師・事務職・医事課の方々、約100名前後の職員様にご参加頂きました。

GIDに関することは医療従事者の皆さまの方が詳しいと思い、私はLGBT当事者としての実体験をもとに
・オペ前後の心境の変化
・国内と海外でのオペ時のメリット・デメリット
・今と昔の情報量の違いなど
細かくお伝えさせて頂きました。

専門職の皆さまばかりなので、求めていることに対しての講演になっているか不安でしたが、
アンケート結果では

・経験された方でないと知りえない気持ち・想いを伝えて下さったので看護業務に活かしていきます。
・病院での対応は我々では配慮が及んでいない所がある事に気付き、今後の対応の参考になりました。
・先生のお話を聞き、性同一性障がいの方の心理を理解する事が出来ました。
・転換前は私が想像していないたくさんの悩みがあった事に気付きました。
・レインボーフラッグの意味を初めてしりました。
・保険証を出す事への「怖さ」を知った。
・受診時の対応はデリケートに接して、いろんな所で配慮が必要な場合があると改めて知りました。
・自分には分からない気持ちが聞けて良かったです。
・明るく対応したい!
・金八先生を思い出しました。とても辛い事だったと思いますが、それがあっての今だと思うのでこれからも活動応援しています!(鶴本直の存在の大きさを改めて気付きました。)
・今後当院が初めておこなっていく事なので知識を付けたい。

ここでは一部のご紹介ですが、本当にたくさんのお言葉を頂きました。

これから受診されるGID患者様にとって、安心して通院できる病院であって欲しいと心底思いました。

このような機会をいただきありがとうございました。

行徳総合病院様ホームページ

COMMUNITY&SEMIOR LGBTお仕事
カフェ&セミナー

LGBTお仕事カフェ

「仕事ってどう?」「カミングアウトってしてる?」「自分らしく働ける場所って?」LGBT当事者の方を対象にお仕事をする上での不安や悩み、自分らしく働ける職場への就職・転職について話せる相談会を実施しています。

LGBTカフェ・セミナー情報

NEWS

※掲載している感想やご意見等に関しましては、個々人のものとなり、すべての方にあてはまるものではありません。
※当サイトに掲載している文章、画像等の無断転載、無断引用を禁じています。
※当サイトに掲載している写真は一部イメージです。

たいせつにしますプライバシー

  • SDGsの取り組み

あなたらしく働ける場所を見つけよう。

サービスはすべて ¥0 無料