LGBTアライ活動

  • TOP   >   
  • LGBTアライ活動   >   
  • 行政書士さん向けのLGBTQ勉強会に参加してきました

行政書士さん向けのLGBTQ勉強会に参加してきました

こんにちは!LGBT就労支援の北川です。

先日、一般社団法人結婚トータルサポート協会の岸本様からのご依頼で、とある地域の行政書士会法務研究会にて『LGBTQ勉強会』の当事者(FTM)パネラーとして参加させて頂きました。

 

約20名の行政書士さん、そして僕以外にも2名のLGBT当事者の方がゲストとして参加されており、同じセクシャルの方でも自分とは違う悩みや意見があり、自分自身とても勉強になりました。

行政書士のみなさんも、仕事柄LGBT当事者の方からご相談を受ける機会があるようで、みなさん大変真剣に話を聞いていらっしゃいました。

 

以下がLGBT勉強会の終了後に取ったアンケート結果です。

たくさんの回答を頂きましたがここでは、一部をご紹介します(*^▽^*)

 

Q.本日、この勉強会に参加しようと思われたきっかけ、理由を教えてください。

・体系的な知識がなかったので、一部の知識でない総合的な知識を得たいと思った。
・法務研究会、会員のため。
・LGBTQ の知り合いが沢山おり、理解を深めたいと思ったから。
・接する機会があるため、当事者の話を聞けるので。
・私自身は寄り添おうと思っていても、何気なくつかう言葉や態度に適切ではないものが含まれていると感じていたので。
・知人、友人にゲイのカップルやトランスジェンダーの人がいるため、行政書士として何か手伝えることがあるのかなと思ったため。
・LGBTQ についてのセミナーなどには何度か参加していますが、知っているつもりでも、まだまだ知らないことがあると思うので、学べる機会があればできるだけ参加したいと思って。
・以前から、LG は知っていました。昨年 BT を知り、少し前に Q を知りました。勉強したくて来ました。
・LGBTQ 政策について興味があったから。

 

Q.今回の勉強会に参加する前『LGBTQ』 について、どのようなイメージ、先入観をお持ちでしたか?

・特に先入観はなかった。
・当事者の不都合、気持ちそのものを知らなかった。
・接することが少ないので、イメージするのが難しい。
・特別な人というイメージ。
・個人的にはあまり違和感はないが、人によって反応が違い、歴史や文化もからむのでなかなか難しい問題だと思いました。
・世の中のいわゆる 普通・ ・ に自分を適応させようとしている人が多いイメージでした。それがうまくいく人もいるし、いかない人もいるし・・・。
・具体的な辛さをイメージできていなかった。
・LGB については、個人の指向の問題で、自由であるべきだと思っています。トランスジェンダー、X ジェンダーの生きづらさは、何となくしか想像できていませんでした。
・差別を受けて生きているのかなと思っています。
・友人や知り合いに LGBTQ の方がいるので、当たり前の存在として認識していました。
・割合は、もっと少ないと思っていました。
・LGBTQ という言葉を初めて知りました。

 

Q.勉強会に参加する前に比べて、『LGBTQ』 について、どのようにイメージや意識、考え方が変わりましたか?

・深く知ることができた。
・生きていく上での不都合、認められたいという気持ちを大切にしたい。実感としてはまだ理解できていないと思う。
・LGBT以外にも色んな人がいることを認識し、SOGIという概念で、行動すべきことがわかった。
・LGBTQ の当事者が、自分が想像していたよりも苦悩されていたことを知り、想像力の欠如を反省しました。
・言葉づかいに気をつける意識を高めようと思いました。いろいろな人に伝えられるように、もっともっと勉強しようと思いました。
・とても身近で、特別なのではないと変わりました。
・身近にもいたので、あまりイメージは変わらなかったが、具体的な声をいろいろ聞くことができてよかったです。
・「人それぞれ」の中身が知れました。
・知識が増えてよかった。
・具体的なイメージを描けるようになりました。
・法的で助けたい。
・LGBTの方がどんな所で、苦労があるのか理解ができました。
・近くにも、言えずに悩んでいる人がいるのだなと気づきました。
・勉強会に参加することで理解を深めることができ、LGBTQ の方がより身近に感じられたと共に、もっともっと LGBTQ の方のことを知りたいと思うようになりました。
・日常生活における様々な苦労があることが、わかりました。

アンケートを拝見すると、参加する前と参加した後の意識や考え方がガラッと変わった方がほとんどでした!

今回は「行政書士さん」に向けてのLGBT勉強会でしたが、職種に限らず「LGBT当事者が活躍できる社会を創ること」を目的に、活動し続けていきす。

 

どんな職種や人であっても「知ること」からまず初めてみるのも一つの選択だと思います。

 

LGBT当事者として、またLGBTの方の転職支援キャリアアドバイザーとして、僕自身の経験や僕以外の声をお話しできればと考えています。
全国どこでもお伺いさせて頂きますので企業様・法人様、ぜひお気軽にお問合せください☆

 

**********************

LGBT当事者の転職支援「レインボーワーカープロジェクト」では、無料でLGBT理解ある職場への転職をお手伝いしています。

専任相談員がLGBT当事者のため、お仕事だけでなく、職場におけるセクシャルの悩みについても、寄り添い「その方らしく働ける」お仕事場をご紹介しています。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

 

 

無料支援の流れは▼▼▼

https://emimenrainbow.jp/support/

 

LGBT求職者が「レインボーワーカープロジェクト」を使うメリットとは?

https://emimenrainbow.jp/info/staff-blog/2809/

※掲載している感想やご意見等に関しましては、個々人のものとなり、すべての方にあてはまるものではありません。
※当サイトに掲載している文章、画像等の無断転載、無断引用を禁じています。
※当サイトに掲載している写真は一部イメージです。

あなたらしく働ける場所を見つけよう。

CONTACT