皆さま、おはようございます(‐^▽^‐)

金曜日更新担当、吉田です(^∇^)

ここ数日雨の日が続いた為、一層寒さが厳しく感じましたΣ(・ω・ノ)ノ!
なので最近はニットを着ることが多くなったのですが
ニット類を着用するともふもふして暖かいのでなんだか幸せになります(笑)

さて、本日は国内ではなく国外でのLGBTのお話をさせていただきます!

アメリカユタ州にある、ソルトレイクシティの新市長として、
ジャッキー・ビスカップスキー(Jackie Biskupski )氏が選ばれました。

ビスカップスキー氏は、なんとオープンリーレズビアンであり、
ソルトレイクシティで

オープンリーレズビアンの市長が誕生するのは初めてとのことです(^-^)

この、ソルトレイクシティは
末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン教)によって作られた街であり
モルモン教では最近も、同性婚に関する新しい規則が設けられるなど
LGBTに反発する力も大きい中
ビスカップスキー氏は51.5%の得票率で新市長に選出されたようです(‘-^*)/

LGBTに関して保守的な地域において、

このような選挙結果が出たということから
LGBT問題に対する人々の関心の高さも伺えますし
ビスカップスキー氏が市長に選任されたことにより、

保守的なソルトレイクシティにおいても、

LGBT問題に対して前向きな変化をもたらしてくれると期待したいですね(*^▽^*)

それでは今日はこの辺で
またお会いしましょうo(^▽^)o