皆さんおはようございます!!

 
金曜日更新担当、吉田です(^-^)/

 
ここ最近で、めっきり朝晩は肌寒さくなりましたし
残暑を惜しむ間もなく、一気に秋が来たという感じですね(^-^)/

 
皆さんも体調にはお気をつけくださいね!

 
さて、今日は「マイナンバーとLGBT」についての

 

お話をさせていただこうと思います。

 
「住民票を有する全ての方に、1人1つの番号を付して
社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し
複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを
確認するため」活用されるマイナンバー制度が
いよいよ来年1月より導入されますね!

 

希望者には券面に本人の写真、氏名、

 

住所、生年月日、性別、マイナンバーなどが表示された
「個人番号カード」が配布される仕組もあるようです。

 
もちろん、就職の際も、健康保険や厚生年金の加入、

 

税金納付のため
この「マイナンバー」が取り扱われることになります。

 

そこで、今月14日名古屋市でLGBTを

 

支援するNPO法人「PROUD LIFE」は市に対して

 
「プライバシーを保護するための対策をとる」

 
「性同一性障害者などが戸籍上の性別と外見との違いによる

不利益を被らないよう事業所に指導する」
といった要望書を提出したようです。

 

マイナンバー制度の他にも、
国税調査や、身近な物でしたら履歴書記入の際の性別欄などなど
本人の意思にそぐわない「戸籍上の性別」に

 

縛り付けられてしまう場面が多々ありますよね。

 
こういった問題を解決し、自分らしく生きるためには
私たち個人だけでなく、国全体がもっとLGBT問題を重視し、
当事者の立場に立ち改善していく必要があると強く思います。

 
それでは今日はこの辺で
またお会いしましょうヾ(@^▽^@)ノ