皆さまこんばんは(^∇^)

 

金曜日更新担当、吉田です !!

 

もう来週から9月に入り、

いよいよ秋がやってきますね思い返せば、

夏もあっという間だたなぁという印象です笑

 

残暑厳しいですが、体調には気をつけて

頑張りたいと思いますヾ(@^▽^@)ノ

さて、7月にこちらのブログで

 

「東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」についての記事を

 

書かせていただいたのを皆さまは覚えていらっしゃいますでしょうか?

 

本日は、同じくセクシュアル・マイノリティを

 

テーマとした日本で開催されている映画祭を3つ、

 

ご紹介したいと思います。

 

◆青森インターナショナルLGBTフィルムフェスティバル

 

公式サイト→青森インターナショナルLGBTフィルムフェスティバル

 

青森県にて、2006年より毎年7月に開催されている、

 

「多様な性」を考える映画祭。

 

本年度は、7月11日(土)に開催されました。また、

 

2011年より特別企画として

 

「多様な性にYes! IDAHOメッセージ展」という、

 

青森県内のLGBTが中心となって活動されている

 

「スクランブルエッグ」が映画祭とコラボし多様な性をテーマとした

 

メッセージを募集・展示紹介するといった催しが同時開催されています。

 

◆関西 Queer Film Festival(関西クィア映画祭)

 

公式サイト→関西クィア映画祭

 

2005年より関西にて開催されている、

 

「クィア」をキーワードに「性」とそれに関わる

「暮らし・生き方」をテーマにした映像作品を上映するお祭り。

 

関西初や日本初の映像作品も多いようです。

 

2016年春で、10周年を迎える関西クィア映画祭。

 

2016年度の記念すべき第10回目は、

 

大阪と京都での会場での開催を予定されています。

 

◆香川レインボー映画祭

 

公式サイト→香川レインボー映画祭

 

2005年より、例年秋に香川県にて開催されている、

 

「LGBT・セクシャルマイノリティ」などの映画を上映する映画祭。

 

「たくさんの人と映画を観て笑ったり制作者の話を聴いたり、

あらゆる垣根を越えて楽しむ」というコンセプトが元になっている映画祭とのこと。

 

2015年度は、10月18日(日)開催予定ですので

 

ご興味のある方は是非足を運ばれてみてはいかがでしょうか??

 

各映画祭ごとに様々なテーマやコンセプトがあるので

 

その映画祭の個性を楽しみながら、映画を通して

 

「LGBT・セクシャルマイノリティ」について触れ、

 

考えることができるのではないでしょうか?

 

それでは今日はこの辺りで失礼します!

また来週お会いしましょう~ о(ж>▽<)y ☆