皆さまおはようございます!

 

月曜日担当の峰山和真です!

 

お盆休みはどんな風に過ごされましたか?
僕は家でのんびり過ごしながら、
クレヨンしんちゃんを見ていましたo(`ω´ )o

 

さてさて、本日は皆さまに是非見て頂きたい

ショートフィルムがあります。

 

この動画はYouTubeでの再生回数が1000万回を越え、

今もなお、再生回数を伸ばし続けています(^-^)/

 

2012年にアメリカで公開された、

同性愛が”普通”の世界を描くショートフィルム

『Love is All You Need?』です!

 
このショートフィルムでは、

同性愛者であることが”普通”であり、

異性愛者(ヘテロセクシャル)であることが差別されるといった、

皆さんの知っている世界とは

逆転した世界が描かれています。

 
主人公のアシュリーは5歳の時に異性が好きだと気づきました。
そして、8歳になってもその思いは変わらないが、

学校の友達にも親にも自身のことを言えず、一人で悩みます。

 

学校では異性愛者であることでいじめられてしまいます。

 

家族から理解されず
友人からも理解されず
たった一人で抱えこむ主人公はどうなるのでしょうか。

 
『LGBTへのいじめ』をテーマに描くショッキングな内容は、

観る者の心に深く深く刻み込まれるものがあります。

 

こちらから見ることが可能です!

Love is All You Need?

 

それではまた来週ヘ(゚∀゚*)ノ

 

これからブログの内容にあった写真を

準備しますので、そちらもお願いします!(^O^)/